「ついにイギリスへ出発しました」

はじめに

皆さん、こんにちは!Dスケです。wifiの環境が悪く更新ができずにいました。昨日は留学の記事を5記事くらい一気に作成していました。笑 それでは、少し長くなりますがイギリスに到着するまでをまとめて共有しますね。

関西空港から北京空港へ

まずは、朝から最後の氏神様へ参拝をして、母に見送られ関西空港に向かいました。行ってすぐに関西空港のラウンジへ向かいましたが、時間がなくオレンジジュースを一気飲みをするという自体になり、そのまま時間ギリギリで出発。笑 ラウンジは、関空と北京の分合わせて共有しますね。北京までは3時間くらいだったので、留学の記事を作成して、寝てたらもう到着してしまいました。機内食はこんな感じです。美味しくも不味くもない感じでした。機内食が出るだけで満足です。笑 ドリンクサービスは結構頻繁に来てくれたので、喉が乾いた〜ってことにはなりませんでした。笑 僕っていつもスタバとかで映画みたりブログの記事書いたり、本読んだりしていたから飛行機でも全く変わらない感じでした。むしろ、食事が目の前に出てきて快適でした。笑

北京空港からヒースロー空港へ

あっという間に北京空港に到着。ここからが、少し緊張しました。周りは全部中国語と英語。盗まれないようにカバンを体に巻きつけて田舎者丸出し。笑 人のやっていることや流れに身を任せて、なんとか全て通過しました。中国のスタッフは、客室乗務員以外は全員がだるそうに仕事をしています。日本との違いにすでにかなりのギャップを感じましたね。笑 北京空港ではトランジットの時間が2時間あったので1時間くらいはラウンジで滞在していました。そのあと、方向音痴の僕は30分前に登場口へ向かうという素晴らしい決断をし、待機していました。笑

飛行機の中は、とても快適でした。中国人はいつでもどこでも徘徊しては、大声で話をしていましたが、イヤホンで映画をみているので、全く問題はなかったです。立ち上がる度に、席を揺らされるのは少し鬱陶しかったですが、許容範囲です。食事はなぜか2回出て来ました!美味しくはなかったですが、こんなもんです!映画を4本みました。字幕は中国語なので全て英語オンリーという状況で、内容は50%しか理解できないまま寝ずに見通していました。笑 これもね、もうあっという間に到着しました。全然、しんどくもなかったので本当によかったです。

ヒースロー空港からホテルへ

ヒースロー空港に到着して、すぐにダッシュで荷物のところに行きました。絶対に盗られると思っていたからです。笑 そして、自分の荷物を待つこと20分。ついに2つ流れて来ました。笑 完璧だ!と思い、次の仕事であるキャッシュを引き出す。とここで、最大のミスを犯しました。引き落とすはずのクレジットカードではないカードで引き落してしまったのです。笑 利子が怖いことになる気がする。笑 気づいても遅いので、これは忘れてホテルへ向かいました。

premir Inn ホテル

僕は、ヒースロー空港直結のホテルを予約していました。これは、本当に正解でだったなと思っています。あの大荷物を持って、長時間フライトの後に移動するって結構きついです。すぐにチェックインして部屋でこの1日の留学記事を4記事作成しました。笑 そして、毎度のこといつのにか寝落ちして、5時半にお風呂に入りました。もともと頭がボケているせいか、時差ボケってなに?って感じです。笑

おわりに

この日の1日はこんな感じでした。今は2日目のイギリスで、すでにケンジントンのホテルのカウンターで外には子供達がラグビーをしていて、気にはリスが遊んでいるのを眺めながらこの記事を作成しています。正直、楽しいことってこれからの人生であるのかな?と思っていましたが、今経験している全てが刺激的で、何もかもが楽しいです。こんなに人生って楽しいものなんだなって全ての人に感謝したい気持ちです。それでは、2日目の分も本日中にUPします!それでは、お楽しみに!